トーンとは何ですか?理想の髪色を伝えるヘアカラー知識とトーン別おすすめカタログ

お問い合わせはこちら

トーンとは何ですか?理想の髪色を伝えるヘアカラー知識とトーン別おすすめカタログ

トーンとは何ですか?理想の髪色を伝えるヘアカラー知識とトーン別おすすめカタログ

2021/09/17

トーンとは何ですか?理想の髪色を伝えるヘアカラー知識とトーン別おすすめカタログ

ヘアカラーのオーダーに使いたい。トーンとは何ですか?

色の印象を大きく左右するものに「トーン」があります。この数字が大きければ大きいほど、明るい髪色になります。一般的には、4〜16トーンの領域をカラーリングに使用し、4〜6トーンを白髪、7〜9トーンを茶髪としています。トーンについて知っていれば、ヘアカラーを選ぶのがもっと簡単になるでしょう。

学生に対する適切なトーンとは?

最も受け入れられやすい髪色は、6~7トーン程度です。学生時代の日常生活では、ほとんどの場合、好きな髪色で過ごすことができます。ただし、就職活動やアルバイト先では、清潔感を求められることがあります。

社会人として違和感のないトーンとは?

職種や業種、職場の雰囲気などによって適切な髪色は異なります。自分の判断だけで髪色を決めると、思わぬところで好ましくない印象を与えてしまうことがあります。職場に適した髪色がわからない場合は、上司に相談しましょう。通常は、8~9トーン程度と覚えておくと良いでしょう。

音色を決める際に注意したいこと

トーンは、ヘアカラーの明るさを決める指標のひとつです。髪が柔らかい人は色が浸透しやすく、明るく見えることが多いので、トーンを低めに設定します。髪の毛が硬い人は、トーンを高めに設定します。一般的に、赤みの強い色は暗い印象を与えます。暖色系の色は寒色系の色よりも暗いので、選ぶ色とトーンの関係を組み合わせて色を選ぶとよいでしょう。例えば、以下の記事のように、(①1色)のトーンを使い分けるだけで、かなり雰囲気が変わります。自分の髪に選ぶ色(⚓)と色合いに注意してみてください。ヘアカラーについての詳しい情報は、ヘアカラー.comをご覧ください。

注文の参考に。音色別おすすめカタログ

ブリーチ後に5トーンのブルーブラックを塗ると、暗くても透明感のある仕上がりになります。10-12トーン10トーンオリーブベージュオリーブと優しいベージュの組み合わせに、グリーンが印象的でこなれた印象になります。短い髪の毛に少し重みを残したセミロングスタイル。軽く巻くことで、アクティブな印象を与えます。参考に。トーン別おすすめカタログトーンの違いによって、実際にどのような印象の違いがあるのでしょうか。トーンごとのスタイリッシュなスタイルを見ながらご紹介します。詳しく見てみたい!6トーン×アッシュ① 一般的に黒髪は6トーン前後と言われています。黒髪でもアッシュで染めれば、重くなりすぎず、透明感のあるスタイルになります。程よくヘルシーなイメージを与えてくれるので、シーンを選ばずに使えるカラーと言えます。黒髪でも人気のあるカラーです。1回目の明るさの後に8トーンをかぶせることで、まろやかで明るい印象になります。落ち着いた色味ですが、少し明るさのある7トーン。爽やかで大人っぽい印象を与えることができます。クリーンでカジュアルな印象を与えます清潔感のあるカジュアルな印象を与えたいときにぴったりです。9トーンのアッシュカラーは、規制が緩い職場であれば問題ない明るさです。

ヘアカラーを選ぶ際には、まず「トーン」から考えてみましょう

明るさを決めることは、ヘアカラー選びの第一歩とも言えます。自分のライフスタイルや好みに合ったトーンを選ぶことで、迷ったり失敗したりすることが少なくなります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。